漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコンバットX レビュー




人気フライトシューティングゲームがPSPに登場。いつでもどこでも熱いドッグファイトが楽しめる。キャンペーンモードでは、プレイヤーはオーシア大陸の南に位置するオーレリア連邦共和国のパイロットとなって、数々のミッションに挑む。シリーズ初のStrategic AI Systemの搭載により、選択したミッション次第でその後の敵の戦略が変化し、戦局に大きな影響を与えていく。また、シリーズで初めて4人同時大戦可能のマルチプレイモードを収録。基地攻撃や護衛戦など、多彩なルールが設定できる。実在機体32機、本作初登場機を含むオリジナル機8機が登場。一度プレイしたミッションを自由にプレイできる「フリーミッション」、新要素の「オリジナル機体のチューニング」、シリーズ定番の「勲章システム」など、じっくり長く楽しめるモードが満載。

以上アマゾンよりコピペ


 PSPを手に入れて最初のゲームソフトがこれ。エースコンバットシリーズは、3から始めましたが(4のシャッタードスカイは未プレイ)、今回もなかなか楽しめます。世界設定は4、5、ゼロと同じようですね。ただストーリーは短いなーと感じたりします。
 完成度は高いと思いますが、最大の問題点は操作性の悪さ。PSPのアナログコントローラーでは操作がかなりシビアになりますし、また、細かいコントロールが大変難しいです。
 対策としては、アナログコントローラーを大きいのに変えるか、操作性の悪さを気にせずにプレイするか二つに一つ。

スターオーシャンシリーズが好きなんですよ。

 トライエースの代表作といえば、スターオーシャン、バルキリープロファイルのシリーズがありますが、私の場合トライエースと聞けば真っ先にスターオーシャンの名が出てきます。実はこのブログ名もこれからきていたり。それぐらい好きなシリーズです。信者なのですよ。1,2,3とプレイしてきた中でも、特に私は3が好きですね。賛否両論ありますが、私は許せる範囲でした。主にキャラクターと戦闘システムのおかげですけどね。基本的な紹介は、パレットさんがなさっていますのでここでは省略します。

以下かなりのネタバレあり
続きを読む

ゲーセンでプレイしよう!

ギルティギア イグゼクス スラッシュ ギルティギア イグゼクス スラッシュ
PlayStation2 (2006/04/13)
セガ
この商品の詳細を見る



 四月頃から部室にて明け暮れているゲームです。きっかけは、一年生が持ってきた♯リロードを部員の一部がやり始めたことからです。授業が終わったあともギルティ。稽古後にもギルティ。暇があってはギルティ三昧(最近は落ち着いてきましたが)。ギルティも立派な部活の一部となっています。勘違いしないでください。私が所属するのは合気道部です。ゲーム部ではありません。
 しかし最近ギルティをプレイするメンバーにある変化が起こっています。それは…


「そろそろゲーセンデビューじゃね?」


 なんか来るところまで来てしまった感じがあります。しかも来月に行われるとある大会にもでようということで話がまとまってきているようです。当初の目的であった、『学祭中開かれる、とあるサークルのギルティ大会に参加する』が達成されたために次のステップに移行しようとしています。勘違いしないでください。私が所属するのは合気道部です。合気道をすることがこの部活の目的です。しかし、ここで一つの大問題があります。それはアーケードステックに全く慣れていないということです。いつもPS2でプレイしているときはコントローラーしか使っていませんので、いきなりアーケードステックを握っても違和感あるどころかうまくプレイすることはできません。とりあえずアーケードステックに慣れるために、近場のゲーセンにいくことに。というか連れていかれました。相手は部活の先輩。しかも前主将と前々々主将。断れるわけもありません。
 
 んで、とりあえず対戦をしてみる。不思議なもので段々とアーケードステックに慣れてきます。普段入らなかったガトコンが入力できるのが一番爽快でした。対戦の結果は別ですけどね。いつも身内でプレイすることが多いので、相手が次に何をしてくるのかわかってしまいますが、今回は赤の他人です。次の行動が読めません。しかも同キャラ対決(聖ソルです)。これは経験が全くありませんでした。最初はどうしたらいいかわかりませんでしたが、段々手の内が読めてきたので攻めることに。結果としては何とかデビュー戦に一勝を上げることができましたが、次の対戦相手には何もできずに終わってしまいました。ボコボコです。
 
 その後、それぞれのプレイヤーを見取り稽古。同キャラじゃなくても色々と勉強になります。ゲーセンを出てそのまま何故か我が家にてギルティの稽古を開始。部室からお借りしたアーケードステックがあるので練習です。大会まで時間がありません。ゲーセンデビューは果たしたので、あとはひたすら練習あるのみです。


というか本当に大会に出るんですか!?えっ?私も!?



テストも残りわずかです

 レポート書いたり、勉強したり、自分の研究のために本を読んでいると、どうしてもストレスが溜まってしまいます。
 そんなとき、新たに思いついた新たなストレス発散法。それは格ゲーです。私の所属する部活では、ギルティギアなるものが常時配備され、暇があったらプレイしております。
 もちろん部活動の諸目的である合気道はきちんと行っていますよ。ただ最近、ギルティギアも部活動の一環に含まれている気がしないでもありません。まあ、オリエンテーションであるといえるかもしれません。先輩後輩入り混じっているわけですしね。
 ストレス発散に話を戻して、一体どうゆうことかというと、簡単に言えば、最強キャラで他のキャラをいたぶるということです。
 使うキャラは聖ソル。私は聖ソルを好んで使います。しかし、ここで使う聖ソルは、もちろんただの聖ソルではありません。金ソルを使います。相手はチップ。金でもなく、黒でもなく、ただのチップです。何故チップなのかというと(先輩が使っていて連敗したことがあるとか、防御力が紙同然であるとか)色々事情があるのですが割愛。
 CPUとの対戦が始まると、攻撃するわけでもなくただ追い掛け回すだけ。逃げたら追って、追ってきたら逃げる。まるでですね。この金ソルは、アーケードモードのボスソルと同じスペックを持っているので、ドラゴンインストール中は、体力回復、チャージゲージ増加など反則的なことが多いです。そんな追いかけっこに飽きたらLv3タイランレイヴでさくっといきます。
 ただ、確かにストレスは取り除くことが出来ますが、やってって虚しくなるのがネックであります。やっぱひねくれてますね。私って。


アクトガデンツァを買おうかな

 PS2版のメルテイブラッド・アクトガデンツァが、8月10日に発売されるとかで。オフィシャルの限定版を購入しようか、どうかしようか悩んでいるうちに締め切りになっちゃいました。

続きを読む
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。