漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第212話 「終結」 ~~ 感想

lost957.jpg


 聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 完


 手代木先生の次回作にご期待ください。


 そんな連載終了を知らせる絵としては納得のいくシーンだったのでちょいと悪戯心がわいてやってしまった。反省などない。



続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第211話 「一人の人間」 ~生き様しかとみた!~ 感想

lost950.jpg


 アスプロス「やべぇ見つかった!」


続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第210話 「幕引き」 ~アスプロスの叫びが心に残ります~ 感想

lost940.jpg


 目の前の男が不完全な神であり、封じることが可能と判断したアスプロス。乙女座(バルゴ)の数珠を取り出して勢いよく啖呵をきったわけですが…



続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第209話 「カイロス」 ~弟の特徴そのままだねぇ~ 感想

lost937.jpg


 冥闘士じゃなかったら致命傷でしたな。

 神に挑発して手痛いしっぺ返しを受けたアスプロス…。勿論勝算があって大見得を切ったんだよね!?ね!!??

続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第208話 「時の神」 ~こいつ強ぇ!~ 感想

lost932.jpg


 我思う、故に我あり


続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第207話 「鬼兄弟」 ~素直じゃないねぇ…~ 感想

lost928.jpg


 と、先ほど[マーベラス・ルーム]をまともに喰らって、今まで異次元に閉じ込められていた男が述べています。



続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第206話 「未来」 ~資質に疑問~ 感想

lost923.jpg



 この聖戦を裏で操る天魁星メフィストフェレスの杳馬。


 自分の意図を淡々と語りだしますが、パルティータも彼の目論見に一致する所があって協力したんじゃないかな~?何せテンマと同じく転生を繰り返し、一番近くで見ていた男の未来がどうなるかを聞けばどうにかしようとしてもなんら不思議ではない。


続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第205話 「アテナ出撃」 ~笑顔が素敵~ 感想

lost915.jpg


 帰ってきた!黄泉の国から戦士たちが帰ってきた!!

 同じネタを使うのは二回目ですが、これ以上しっくりくる言葉を今のところ知らないんだな。



 サーシャの小宇宙(コスモ)によって石となっていたアテナ軍が復活。久々に出番が回ってきた耶人たちも士気は十分で、これからアローンの元に乗り込んでいこうと息巻いていたわけですが…

続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第204話 「ただ傍に」 ~さよならパンドラ様~ 感想

lost909.jpg

 

 祝☆サーシャ復活!!

 しかし、チェシャも一緒にロストキャンバスの最下層に落ちていたのか…。何だかんだいって悪運の強い奴ですな。



続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第203話 「成すべきこと」 ~次のステージへいきましょう~ 感想

lost903.jpg


 階段を転げ落ちて肉の塊となろうとしたパンドラ様を救ったのは、翼竜(ワイバーン)改め、生きる死者(リビングデッド)と化したラダマンティス。アローンと対峙する為、こちらもパンドラ様と同じく勇みよくで乗り込んできたわけですが…


続きを読む
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。