漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第5話 「故国燃ゆ」レビュー

snapshot20081103174127.jpg

「なんなら、そのまま帰ってこなくてもいい」

snapshot20081103174112.jpg

「(解雇通告なんて)馬鹿を言うな」


snapshot20081103174941.jpg

 「(その貧相な体つき…)キミは戦士ではないな?長年軍に居たからわかる。君は闘う者の目をしていない(まるで悲劇のヒロイン気取りで自分が一番不幸だという目はしているが)。」

 色々補足されているのはいつものことなのでスルー。カタロンの基地から逃げ出した紗慈君だが、周囲を探索していた連邦艦に拾われて尋問タイムです。本人は保護されたつもりかもしれないけど、ろくな装備もなしに砂漠をうろついていたらそりゃ疑われるのは当たり前。尋問で不当な暴力を受けても人権だなんだと叫んでも無駄さ~。だって行われているのは密室空間。超法的措置でそんな行為ケンチャナヨです。
 尋問を受けていたところに大佐が現れて今度は丁重に扱われるが、この辺の手腕は流石ですな。いや、大佐が人間味の溢れるお人だということはわかっていますが、残念ながらこの流れって尋問の十八番になっているので大佐が若干腹黒く見えてしまいます。
 最初に暴力使って脅したり、相手を人間扱いしないような行いをして、最後に話のわかりそうな年長者を使って吐かせるなんてよくあるパターンですよね。日常でも。
 さてさてこの話に聞き耳を立てる将校が一人。防音対策がなされていない部屋で尋問とかありえんとか思ってしまいますが、上官の会話を盗み聞きしている将校はもっとありえません。アローズに協力する協力することが義務みたいな事を言っていましたが、手柄を急いだか、派閥の思想に毒されたか、エリートで構成されるアローズに転属を狙ってやったとしか思えませんな。
 どちらにせよ大佐は、重要人物である紗慈を逃がした&情報を秘匿しようとしたことによって何らかの処罰が下されるかもしれません。なくても冷遇されるだろうな…。大佐も新しい職場になれずにいるようです。

snapshot20081103182953.jpg
 
 激昂のロックオン

 掃討という名の「オートマトン」による一方的虐殺を見て激昂する二代目ロックオン。後ろに敵がいるのに構わずにオートマトンを狙撃していくのをみると、どうも完全に怒りで視野が狭まってしまっているようです。
 
「ロックオン!後ろ後ろ~!!」と叫ばずにはいられませんが、彼を追撃してきたピーリスもその光景を見て、自分が所属している組織のやり方にショックを受けているので無問題となりました。一方的虐殺ってどの時代でもあることなんですが、みていていい気分にはなれませんな。
 ところで、今のご時世で、ティターンズの毒ガス作戦クロスボーンのバグを使ったコロニー内の掃討作戦を放送したらやっぱり放送中止になってしまうのでしょうかね?それを考えると、タチコマみたいななの(オートマトン)が出てくるのが無難なのかねぇ。
 アローズのやり方に憤る二代目ロックオンですが、はたしてその怒りの矛先は本当にアローズだけなのかな?わたしには、アローズのやり方を通して、両親を失ったテロ事件犯行組織を見ているのではないかと見えてしまいます。


snapshot20081103175913.jpg

 自らのアイデンティティが揺らいできたピーリス

 超兵としての兵士としての役割と人として得るべき当然の権利である「幸せ」を掴もうとしている自分に葛藤するピーリス。目の前で虐殺にあった人を「不幸」と捕らえたからこそこのような板ばさみな状態が生まれたのかもしれません。
 大佐との間になった「あの話」とは、やはり養子縁組のことだったか。これが結婚とかだったら大佐はガンダムの歴史に残る偉業をなしえていたはずなのでちょと残念。そしたら元祖ロリコンの赤い人を超えていたよ…。

snapshot20081103180017.jpg

 自分のせいで大勢の人の命を奪うことになったことに愕然とする紗慈。目の前で起こったことは現実であり、今まで自分の行ないとは関係なく起こっていた争いとは違って、今度は正真正銘自分の手で引き金を引いたという事実が重く彼にのしかかる。
 今まで蚊帳の外と信じていたのに、自分が関わって本当に大勢の人の命が失われたのだ。そのショックは計り知れない。立ち直ることが出来るのかな~?まあ、確実に現実に目を向けるということはするとは思いますが、相当なショック療法ですよねこれって。紗慈がどう変わっていくのかもみものです。











スポンサーサイト
コメント
やっぱり、アリオスにもハサミ付いてたか!
戒斗さん、お久しぶりです。
今回は多分前半一番の鬱回でしたね・・・
アロウズ内でも1期からの古参メンバーと、2期からの新参組の温度差が激しいことこの上無かったです。

>自分のせいで大勢の人の命を奪うことに
犠牲者のはずが、巡り巡って一番の加害者になる 。
何だかギアスでのフレイヤ誤射シーンを思い出しました。
沙滋もこれで完璧に一般人ではなくなりましたね。一体彼の不幸体質はどこまで続くんでしょうか・・・・
2008/11/05(水) 16:46 | URL | カズト #-[ コメントの編集]
>カズトさん

お久しぶりです~。

>アロウズ内でも1期からの古参メンバーと、2期からの新参組の温度差が激しい


 古参メンバーはわりと穏健派で、新参組はタカ派というか過激派という感じがしますね。アロウズの思想に毒されていますな。

>一体彼の不幸体質はどこまで続くんでしょうか

 紗慈がこのままなし崩し的にC.B.と行動をともにしてルイスと邂逅したらどえらいことになりそうですよね。



2008/11/05(水) 20:54 | URL | 戒斗 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

働いたら負けだと思っている マリナ・イスマイール00第5話

 第3話でアレルヤが収容されていた施設を考える。刹那の00が突っ込んだ時にピーリス達がいた所までえらい揺れてるんですよね。その癖壁...

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話 「故国燃ゆ」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 ソレスタルビーイングとカタロンの代表による対話が始まった。ソレスタルビーイングに協力を求めるカタロン・・しかし、戦うべき敵の対象が違うことで、話し合いは平行線を辿る。そして・・・。
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。