漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第183話 「THE END OF THE WORLD 6 力への意思」 感想

hayate531.jpg

  キ~ミは誰とキスをする~~♪











snapshot20080709205523.jpg


ヤック・デカルチャーーーーーーーー!!!!


hayate532.jpg

 真のヒロインはナギでもマリアさんでもなく、泉であることが判明いたしました

 HEYHEYHEY~!!早まっちゃいけないよお嬢ちゃん。こいつはな、将来身の回りにいるほとんどの女の子をたぶらかしてしまうような天然ジゴローさんなのさ。将来お嫁さんになろうものなら彼の浮気話で苦労するぜ!!こんな胡散臭いアメリカン口調してるけど、これほんと。さあ、わかったのならこっちに…。

 とまあ、こんな冗談というか身に合わないことをやってちょっと恥ずかしいというかなんというか。犬に襲われている泉を助けてのお礼が、自分をプレゼントだもんな。幼い頃の約束の王道といっちゃ王道だが、とにかく道化番長が美女二人だった(夜子可愛いよ夜子!)のも驚いたけど、こっちのほうがもっとビックりだ!!


 あれま。あくまで一方的にですけど結婚の約束が制定されているわけです。どっかの国の時代では、小さい頃でも結婚の約束をしてしまったのなら、その相手(男)が他者(女)と関係を持った場合、姦通罪が適応されるということがありました。もちろん訴える権利を持つのは浮気(?)されてしまった相手。訴えられるのは将来の旦那さんではなく相手の女の人。

 この場合の例を上げて説明すれば、ハヤテが他の女の人と関係を持った場合、泉はその相手の女の子を姦通罪として訴えることができるということです。これの厄介なところは、小さい頃の約束でも、泉さえ覚えていれば有効というところです。


 怖いですね。まあ、姦通罪は国によって全く異なる法律になっているし(男性主体のものが多い)、そもそも古い法なので今のところ現在進行形で使われているのはお隣の国とイスラム諸国ぐらいでしょうね。


 ちなみにここで上げたのはきわめて特殊な姦通罪ですからね~。誤解しないでね~。姦通罪はこんな内容じゃないからね~。



 ところで今更ですけど、何故ここで泉が登場したんでしょうか??

 皆目見当がつきませ~ん。


hayate533.jpg

 やはりというか泉とのやり取りをしっかり見られていました。予測済みです!(シオン風)この後繰り広げられる女の子とつきあうための教育がなされたと語られていますが、ページの都合上1コマに濃縮されました。ここらへんがカットされているところを見ると、既に回想で出てきたことと同じ&あまり重要ではないということなのでしょう。もしくは大人の都合によって。

 ここで、女の子とつきあうための教育がカットされたということは、ハヤテが女の子と付き合うことを拒む理由は、アテネの教育の所為でないという事が証明されたと見ていいでしょう。

 まあ、こんな証明がなくとも、ハヤテはアテネとの思い出に縛られているのが目に見えているので、彼女自身に負い目を感じている&自分に自信がないから女の子と付き合えないということは読み取れますけど、証明は確実に拾っていくに限ります。

  「誰か特定の人物とくっついたら話が終わっちゃうからだろ」とか言うのは無しです。

 私が推理小説等で「犯人は誰か?」と聞かれたとき、迷わず「著者。もしくは主人公。」と答えるぐらい上の回答は無しです。


 シリーズ物では主人公の行く先々で連続殺人事件が起こってるんですよ?しかもわりと難解な事件ばかり。いいかげん疑うだろ?おかしいだろ?さらに言えば、それを書いている著者自身が真犯人だろ。だって書かなければ連続殺人事件が物語で起こることはないですしね。作品としても成り立ちませんけど…。



hayate534.jpg

 突然のハヤテの告白。ロイヤル・ガーデンでのアテネの教育は確かにハヤテを強くしたが、それは同時に自分の下から飛び立ってしまう勇気と力を与えてしまうものだった。箱の中の鳥として過ごすアテネと、自由に外の世界で羽ばたく事の出来るハヤテ。二人の別れは近づいてきている…。

 この後どう話は進んでいくのか予測できない分楽しみでありますが、1つだけいえることは、

 私には、ハヤテがアテネに夜這いをかけているようにしか見えなかったということだ。 


 
スポンサーサイト
コメント
怒っているから
手はつながないけど、
一緒に寝てくれるアーたんはやっぱりハヤテに甘い。
普通、床で寝ることになるはず
2008/07/10(木) 13:02 | URL | 雑兵 #-[ コメントの編集]
>雑兵さん

>普通、床で寝ることになるはず

 恐らくそんなことしたら、ハヤテは捨てられた子犬のような表情をするのではないでしょうか…。

 甘いといっちゃ甘い措置ですけどね。
2008/07/10(木) 21:36 | URL | 戒斗 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!183話@捧げられたキス

一緒に仕事かぁ・・・それは難しいかなぁ 一緒にバスケしてみたい人はそりゃ多数ですよ

ハヤテのごとく!183話【THE END OF THE WORLD5 力への意思】畑健二郎

 綾崎負債夫妻の禍に最初のご主人さまを巻き込もうとは、ハヤテの決意は罪づくりすぎる。ちょっと無力だった自分から変化したからといって、万能の力をえたと勘違いするのはあまりにも幼稚な判断だ――三流悪役が陥りがちな現象。まぁ、幼稚園児が幼稚な判断をするのはい...

ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF WORLD? 力への意思」感想

凶暴な獣と執事は、何故だか縁がある。 そういえばあるなあ。トラとかクマとか。三千院家以外の執事にも縁があるんでしょうか?

ハヤテのごとく!~第183話~「THE END OF THE WORLD 5 終わりへの予兆」

ハヤテのごとく!~第183話~「THE END OF THE WORLD 6 力への意思」 バトンあざます でも今は余裕がないので、ちょっと見送ってる次第です。 た...

[ハヤテのごとく!]お怒りアーたん ~それは夫の浮気現場を目撃した妻のごとく~ ハヤテのごとく!第183話感想

いや、マジでSDカードはどこに行ったんだ…。 携帯で写真が撮れないじゃあないか…orz さて、ハヤテの感想を…。 というわけで、今週は写真無し。あと体力的にも精神的にも結構ヤバいの状態なので、多分短く淡泊になると思う。 今週のサブタイは、「THE END OF THE WORLD6

今週のハヤテのごとく!63~羨望も嫉妬もない~

第183話 THE END OF THE WORLD? あー早くアーたん編終わらねえかなー 何かもうこのごろはハヤテのごとく!ではない 別の作品を見ているような気...

今週のヒナギク様105

ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF THE WORLD 6 力への意志」のヒナギク様 アーたんに女の子と付き合う甲斐性をあれこれ叩き込まれたはずなの...

それは少女が夢見たであろう、幻想。ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF THE WORLD 6 力への意志」

ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF THE WORLD 6 力への意志」 ラッキーお前w やっぱり、泉がいたのは白皇の敷地かな? ここでハヤテが泉を助...

ハヤテのごとく! 第183話感想

 183話「力への意志」の感想です。

ハヤテのごとく!第183話~歓喜と失望の複雑な心境~

待ちに待った泉たん(ロリ泉ちゃんの呼称)登場回、サンデーを取る手(もちろん下半s(ryも)に緊張が走りました。 おそらく、サンデー...

ハヤテのごとく! 第183話 KING CRIMSON

今日はアパートに母が凸してきたので、 短めの感想です。 以下本編感想↓
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。