漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢 THE LOST CANBAS 第88話 「邪悪」~真の覚醒はまだだったのね~ 感想

lost317.jpg

 パンドラの手によってヒュプノスたちが用意したアトリエへと幽閉されたアローンですが、その場所って夢界だったのか…。一人黙々とロストキャンバスを製作していた彼の元にヒュプノスが姿を現す。


lost318.jpg

 ヒュプノスの言葉攻めによってハーデスの魂が完全にアローンの肉体へと降りたった。

 ヒュプノスの口調から察するに、アローンは完全にハーデスに乗っ取られていたわけではなかったことがわかります。では、今までの彼は何者だったのでしょう?死による平等な救済やサーシャとの敵対は、ハーデスが望んでいたことではなく、アローンという人間が「冥王」を演じていたことに過ぎなかったということ、そして自らの逃れられない運命に悲劇の聖人を気取っていた哀れな人間だったということです。
 そう、彼はハーデスの力を持っていても、このときまではテンマの親友であり、サーシャの兄であったということですね。そう考えれば、今までの彼の不可解な行動も納得出来る点が多いです。
 
 いや、私もてっきりハーデスとアローンの意識が混在していた状態だとばかり思っていましたが、その認識はどうも間違っていたようです。

 アローンが完全に覚醒…というかハーデスがアローンに宿っていないことに気がついていたのはもしかして側近である双子神だけだったのかな~?


lost319.jpg

 双子神の結界が消失して、聖域にいる戦士たちにハーデス城へと進軍することを伝えるハクレイ。誰も教皇が入れ替わったことに気がついていないほど聖域の士気が高まっています。まあ、頭である教皇が既に逝ってしまったことは決して知られてはいけないことですよね…。しかし、この作品のジジイどもはほんとカッコよすぎですな~。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。