漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 第10話「レジェンド・オブ・ゼロ」レビュー

snapshot20080608003205.jpg

  キ~ミ~は誰とキスをする~~♪

snapshot20080608003241.jpg

  わ~た~し?それとも

snapshot20080608003439.jpg

  あの娘~~♪

 ごめんやってみたかっただけ。意味はない。


 マクロスゼロの話が主人公だったシンによって伝記化されているとはねぇ…。というか彼は星間戦争を生き抜いたのか!こんなところで彼の消息が判明するとは思わなかった。今回は彼の伝記を元にマクロスゼロの話を映画化!そしてランカが銀幕デビューするお話です!!

 決してマクロスゼロがブルーレイで発売されるから今回のような構成になったわけではありません!!たぶんね

 正直、私マクロスゼロをみて凹んだ覚えしかありませんな~。話の構成は非常によくて、でも話数が絶望的に足らなくて、戦闘シーンが素晴らしくて、でもあの話で救われたのって誰?ってな作品でした。サラがね…サラがね…!!うう…(泣)


 前回、街角でプロモーションを手渡しをしていたランカですが、そのプロモーションを受け取っていた人たちの中に今回の映画の監督も含まれていた…。そして、その監督から出演依頼を出され喜ぶランカですが、監督がもっとも熱烈に出演エールを送ったのは…

snapshot20080608010810.jpg

 ランカではなくアルトでした

 どうもアルトが演じた桜姫の舞台を見たことがあるとのことで…。しかも、その作品は歌舞伎においても屈指の濡れ場があるとのことですが、恐らくその濡れ場で悶える彼をみてファンになったのでしょう。もしかしたらこれもアルトが歌舞伎役者を辞めた一因であるかもしれません。
 すっかりシェリルの付き人というか奴隷っぷりが板についているアルトですが、軍からのお仕事なので仕方ありません。シェリルが指名している可能性もありますがお仕事はお仕事なのです。映画にシェリルは全く出ませんけどね。何しに来たんだろうか彼女は…。
 
snapshot20080608014303.jpg

 アルトが歌舞伎の家の跡取りだったことを知らなかったのは自分だけ。彼のことを知っているようで実は何も知らない…。アルトの後輩であるルカはしかたがないとして、同じく知り合ってから日が浅いシェリルでさえ知っていることにランカちょっぴりショック。二人の前から消えるように走り去るランカですが、その姿を見るシェリルの表情が意味深でした。というかポーカーフェイス過ぎて意図が読みきれません。今回の劇中でシェリルの同じ表情が4度ほどでてきます。


 1・走り去るランカをみるとき

 2・アルトが「なんとでもないだろキスぐらい!」といいながら歩き去るアルトを見ているとき

 3・アルトが撮影でキスする覚悟があるのか尋ねたとき

 4・アルトにキスした後のちょっとした間で


 それぞれ同じ表情ですが、シェリルの思惑は個々によって全く違うはず…ですが、それがなんなのか絞りきれません。というか色々解釈できてしまいますし、確定するには情報少なすぎ。もしノベライズ化してこの話も掲載されれば少しはわかるのかな?

 自分を励ますように歌うランカ。そしてそれが監督の目に留まり、本来のマオ役であった女優が事故にあったのもあってか、ランカがマオ役に収まるという大抜擢を受けることになる…。これって何てシンデレラ・ストーリー?

snapshot20080608011115.jpg

 ランカ「計画通り…」

 ごめんなさい!ランカスキーの人は物を投げないで~~!!


・閑話休題

snapshot20080608020003.jpg

 せっかくのシェリルの挑発ポーズがテロップで台無しだ!!


snapshot20080608022530.jpg

 ブレラ=ランカの本当の兄?

 エデン産の獣に襲われるランカを助けたブレラ。獣に喰いちぎられた腕を見るとどうも機械のようです。ああ、だからEX-ギアを使っても耐えられないような運動性に耐えることが出来るのか…。
 謎の男と取引をしるレオンですが、その男から渡されたのはバルキリーとヴァジュラのデータだけでなく、シェリルのイヤリングも渡されたような…。


snapshot20080608003331.jpg

 「やだも~なにマジになてるのよ」

 アルトにキスして真面目な表情をする彼に向って投げかけた言葉ですが、少なくともこれって本気なんじゃねーの?自らの恥かしさを隠すためにわざと茶化しているように思えます。この一部始終を見てアルトとのキスシーンを決意するランカですが…


 正直もうわけがわからなくなってきました。

 エデンとかマクロスプラスの舞台じゃねーかとか、取引した男の声がグレイスで何か裏があるのかそれとも声優さんの使いまわしなのかとか、シェリルのアルトへの真意が読みきれない&何故ランカにこれほど肩入れするのかとか、オズマが「因縁か…おまえ(ランカ)がドクター・マオの役をやることになるなんてな…」とあたかもランカがマクロスゼロのマオ・ノームの子孫であることを匂わせたりと一気に情報がですぎだ!欲張りすぎだ~~~~~!!



 ここでゼロの話を持ち出すのはランカがマオ・ノームの関係者であるという事を述べたかったからではないでしょうか。正直、ノームという性を聞いてシェリルが何か関係あるのかな~とか軽く考えていましたが、ランカこそがマオの関係者である線が濃厚になってきました。もうぶっ飛んでシェリルとランカが姉妹であるという論が私の中で出てきています。これってなんてアルトネリコ2?

 


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」

マクロスF(フロンティア) 1 ミス・マクロス・フロンティアのミランダが主演する映画で端役を手に入れたランカ。その撮影現場で待っていたのは、撮影協力のS.M.Sの面々とシェリルだった。演じることが初めてのランカに相談されたアルトは、つい嫌っていたはずの父親の言...

☆マクロスF 第10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」

サラがシェリルに話しかけると、シェリルは主演無視してランカに話しかける。 そして、アルトは映画に出てくれませんかサクラヒメといわれる。
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。