漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第22話 「トランザム」レビュー

snapshot20080309195833.jpg

 重症かと思いきやたいした怪我ではなかったロックオン・ストラトス。前作品みたくコクピットにはセーフティシャッターみたいなものがあるのか?いずれにせよ主役級キャラじゃなければおっちんでいたはずです。利き目を失って以前のように精密射撃が出来なくなってしまった彼ですが、敵が迫ってきていることもあって前線に復帰することを望みます。

「俺が寝ていると気にする奴がいる…」


 たった一人の人のために起き上がることを望んだ彼。そのお相手とは…


snapshot20080309200218.jpg

 同じマイスターであるティエリアでした。

 あれ?フェルトじゃないの!?いや、流れ的にティエリアかもしれませんが、ロックオンが怪我をしたと聞いて落ち込むフェルトを彼が慰めるというシュチエーションを期待していたのですが、見事に裏切られました。返せ!そんな想像をしていた時間を返せ!!
 しかもティエリアの表情がなんでか乙女チック。いや、今更おまえに萌えてもしかたないんですけど…!!
 ロックオンなりのやり方でティエリアを励ましますが、端から見ていると怪しいというか、出来ていると勘違いされそうな雰囲気です。そんな一部始終を見ていた人物がいました。

snapshot20080309200248.jpg
snapshot20080309235714.jpg


 かつて彼にロックオンされて堕ちたフェルト・グレイス14歳です

 みてくださいこの寂しげな表情。ロックオンが自分ばかりか、他の人にまで手を出している所をみて悲しんでおります。もしかしたら、この物語においていろんな意味で最も警戒するべきはロックオンなのかもしれません。

 とまあ、そんなジョークは置いておいて…。

 自分だけでなく他の人にまで優しさを見せるロックオンにちょっとした失望感を持つフェルト。彼女にとってロックオンは初めて(?)親以外で優しくしてくれた異性だったのではないでしょうか。それゆえ何かしらの期待を持ってしまったように見えます。
 ロックオン本人にしてみれば、誰にでも接するようにしていたつもりでしょうが、年頃の女の子にとっては淡い恋心を抱くに十分な動機です。彼の持つ大人の男性の余裕ってやつですよ。やっぱロックオンは要注意人物ですな。

 「優しいんだ…誰にでも」フェルトのこのセリフからは切なさしか感じませんね。今後、フェルトはロックオンとどのように接していくのでしょうか。複雑です。

snapshot20080310000413.jpg

 「殺られちゃえよ…。ガンダム」

 一瞬誰だかわからなかった…。暗い部屋で一人ガンダム掃討作戦の映像を見る沙慈。段々病んできてるよ…。ルイスは癒えない傷を負い、姉は殺され、一人ガンダムへの憎悪を確実に募らせています。こりゃそのうちMSに乗ってガンダムと戦うことになるなんてことがありそうですな。ま、そんなことは無いでしょうけど、着実に沙慈がおかしくなってきています。


snapshot20080310001126.jpg

 MSを乗り換えることによって勝利を得ることが出来たピーリス少尉。無駄に猛っています。やっぱタオツーに乗ってないと違和感あるよう!この際、乗っているMSをピンクカラーにするか、タオツーにGNドライブを換装するかして欲しいところですな。
 こうしてみると、刹那たちマイスターやトリニティ兄妹が今まで敵を楽々退けられてきたところは、MSの性能差が大きかっただけのような気がしてきます。そりゃある程度技術がなければやってられないでしょうが、フラッグやティエレンで一撃当たれば即撃墜という中で、ガンダムたちと渡り合ってきたグラハムやピーリス少尉達に比べれば、マイスター達の操作技術の進歩は遅いはずです。死線を潜り抜けてきた数が違うとですよ。

 ここでようやく互角以上に戦える敵がでてきました。こっからは技術勝負。生きよう&勝とうとする執念を持つものだけが残ることが出来るサバイバルゲームに突入です。

snapshot20080310003333.jpg
snapshot20080310003821.jpg
snapshot20080310003838.jpg

 ヨハン、ミハエルの早い退場。ミハイルに限っては闘ってすらいねぇ!任務遂行中はやりすぎ感はあったが、世界の支配をもくろむ監視者にとって所詮彼らもコマの1つでしかなかった…。だが、それでも志は他のマイスターや組織のメンバーと変わりは無く、「世界を変える」という気持ちは嘘偽りの無いことだったし、それが彼らが生まれてきた意味だった。出会いが違っていれば、刹那たちとよき協力関係を築けたのかもしれない…。

 ミハイルを除いて。

 惜しい奴らをなくしたものです。

snapshot20080310005253.jpg

 ヨハンがやられ、サーシェスの牙がネーナに向いたとき、宇宙から駆けつけた刹那が彼の前に対峙する。だが、ツヴァイに乗ったサーシェスに追い詰められる刹那。それもそのはず。相手は戦闘のプロ。しかも乗っているMSはガンダム。剣を弾かれ翻弄されるうちに今度は自分がサーシェスの牙にかかろうとしていた。
 だが、そのときGNドライブの真の力が発揮される。トランザムシステム…。それはイオリア・シュヘンベルグから託された最後の力。同じガンダムでも擬似太陽炉ではなくGNドライブをもったガンダムにしか与えられていなかった力。その驚異的な機動力と力を持ってサーシェスを退ける刹那であった。

 「質量を持った残像か!」とか叫んだ人手を挙げろ!!ノシ

 またまた性能差で勝利か~。あんだけ人体が耐えられそうに無い&制御能力を超えたスピードで動き回ったのにパイロットの刹那はぴんぴんしています。何時だかグラハムが血反吐はいたときとはえらい違いですね。

 さ~てこの後、ネーナはどうするのかな…。






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第22話 「トランザム」

機動戦士ガンダム00 3 世界は今、ガンダムを捕獲対象ではなく殲滅すべき相手として見ている。世界統合軍の圧倒的な攻撃の前に、トリニティすら防戦一方に追いやられている。状況は圧倒的に不利。しかし刹那の瞳は、まだ輝きを失ってはいなかった……。
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。