漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第83話「プロジェクト伊澄~挑戦者たち~」感想

 ハヤテのごとく!の7巻がいよいよ今週の金曜日に発売です。皆さんは、お財布の準備はOKですか?
今回は久々に登場の伊澄さんのお話。では、感想を。


・伊澄さんが制服を着ない理由

 学校のお昼時にて、テラスで伊澄さんを前に、拾ってきた子猫・シラヌイについて話すナギ。子猫についての話から、何故か伊澄さんの制服の話に変わってします。
 伊澄さんが制服を着ない理由は、「スカートはスースーして恥ずかしいから」とのこと。そんな理由をナギは「制服が気に入らねえ」と解釈し、ハヤテに限っては、「ルール無用の残虐ファイター」と命名。どちらも言い過ぎw。

・子猫を見に行こう

 学校後、伊澄さんは子猫を見るためにナギの家に赴くことに。
「子猫はタマ以外見たことがない」といって言いますが、タマはどう見てもトラ以外の何者でもないと思うのですが、あえてマリアさんもスルーしていますね。
 子猫に会うことを楽しみにしていましたが、シラヌイは、伊澄さんの内なる力に気付き警戒感をあらわにします。その行為に、非常に傷付き落ち込んでしまいます。
 子猫に嫌われて、すっかり落ち込む伊澄さん。部屋に閉じこもって書道(この場合は習字でしょうか?)で今の気持ちを書きなぐっております。その中には仮面ライダー龍騎の、「戦わなければ生き残れない」のキャッチフレーズが…。


・子猫に好かれたくて

 咲夜さんに相談をしに行きますが、相談をする相手が明らかに間違っているとしか思えません。まず最初にやられたことが

1・コンブ→包帯
2・かつおぶし→無限刃
3・火をつける→終の秘剣・火産霊神

の志々雄真実のコスプレですからね。いいようにからかわれただけです。

 そういえば志々雄真実が使う無限刃は、実際に売っているんですよね(真剣ではない)。あとは逆刃刀や蒼紫が使っていた小太刀二刀流なども。それぞれいい値段なのでなかなか手が出せませんけどね。


・スカートをはいた伊澄さん

 咲夜さんに煽られて、伊澄さんは‘ふつうの服’を着ることに。かわいいんですけど、恥ずかしがっている様子を見ると、何か庇護欲と過虐心が掻き立てられてしまうのは気のせいでしょうか。
 スカートをはいたまま、ナギの家まで行くことを提案されますが、伊澄さんが、まず第一に思い浮かんだのはやっぱりハヤテ。う、うらやましくなんかないんだからね!!


・ハヤテに褒められて恥ずかしながらも喜ぶ伊澄さん。

 咲夜さんに私服を着せられたり、志々雄真実のコスプレで遊ばれたりしましたが、マタタビのエキスを吹きかけることで問題解決。まて、伊澄さんの内なる力とかが原因ではなかったのか?と言いたくなった読者もいたはず。しかし、ハヤテの「まあ、結局動物ですからね~」の一言に疑問が集約されてしまいました。


 また伊澄さんの私服が見たいな~と思っているのは私だけではないはずです。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!第83話「プロジェクト伊澄」

だからタイトル長いって…ハヤテのごとく!感想です。一回消えたので短めです…(泣)↓からどうぞ

ハヤテのごとく!83話 畑健二郎

 着物の伊澄を見るたびに、ジャパニーズサッシュを掴んでお代官γを炸裂させ、回転運動する伊澄で魔法陣を描いてアクアビートを呼び出したくなる、まじかるすぴん。 そんなわけで今回の主役は鷺ノ宮伊澄。東奔西走する伊澄の「エッエッエッエッ」の掛け声は頭悪そう。....
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。