漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンパレード・マーチ 山口防衛線 3 感想

 山口で順調に戦果を上げる善行戦闘団。それとはうって変わって、押し寄せる幻獣と激戦を繰り広げる岩国最終防衛ライン。敵は岩国に集結し、これを突破せんとしていた。ここが陥落すれば、日本に明日はない。戦場で戦い続ける兵士達。だが、かろうじて維持していた戦線も、幻獣共生派の暗躍によって一部が崩壊しはじめていた…。

 そんな時、山口から転進して駆けつけた善行戦闘団。その中には、最強部隊・5121部隊の姿もそこにあった。幻獣に苦戦する岩国最終防衛ラインの兵士達とは一線を超える戦闘力で幻獣たちを蹂躙していく戦闘団。「災禍を狩る災禍」。幻獣たちが恐れ、畏怖するのは、狂気に駆られたパイロット達。特に、士魂号の後継機に搭乗した速水 厚志は、己の闇に潜む狂気を解放しつつあった。

 いよいよ、幻獣共生派の大物が厚志達の前に現れ、その存在も明らかになりつつある。敵の目標は、人の切り札である5121部隊の面々。何処で手に入れたのか、人型戦車・光輝号を持ち出して厚志達に襲い掛かる。

 死の淵を垣間見て、狂気に目覚めつつある壬生屋。幻獣を狩るその姿はまさに鬼と化している。振るわれる太刀筋には、慈悲も哀れみもない。あるのはただ殺意のみ。笑いながら幻獣を仕留めていく姿には、もはや熊本戦での面影はない。
 また、後継機に搭乗して狂気を解放しつつある厚志は、後に魔王・速水と呼ばれ、恐れられる姿の輪郭が垣間見える。

 ひとつ確実にいえることは、彼らはもはや戻れないところまで来てしまったということだ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。