漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第80話「Running to horizon」感想

 センターカラーです。表紙は西沢さんとヒナギクさん。しかも寝巻きですよ!いや、これはネグリジェでしょうか。とにかく貴重なものです。

 結局、桂先生が帰宅せずに二人っきりの夜を過ごすハヤテとヒナギクさん。それぞれ思い思いのことを考えているので、間が持たなくなってきています。ハヤテが話題を振りますが、それはナギにしか通じない話。ハヤテ君が普段接している女の子達は、わりと特殊な人たちばかりなので、こうゆう普通の場面の切り抜け方がわからない様子。


・おフロのお誘い

 ヒナギクさんから、おフロに入る?と聞かれて、ヒナギクさんと一緒に入ると勘違いするハヤテ。そうとうテンパっているみたいです。
そこに追い討ちをかけるように、一緒に入りたい?と問いかけるヒナギクさん。照れているのを見ると、普段ハヤテをからかっているのと違って、本心を問いただしているようにおもえます。
 自分と、マリアさん、西沢さん、一緒にはいるなら誰?とヒナギクさんはハヤテに質問しますが、ナギの名前を挙げなかったのは、ナギはハヤテの雇用主であるという意識が強いのか、それともヒナギクさんの中では、ナギは恋敵(?)のリストに入っていないからなのか。いずれにせよ、今の段階では推し量ることはできません。
 桂先生の名を上げられて、すぐに断るあたりは、ハヤテ君は自分に正直であるといえるでしょう。


 ・恋人いません宣言

 ヒナギクさんの中で、「綾崎君には恋人がいる」というのが、ひとつのボーダーラインになっていたようですが、誤解が解けたことで、ハヤテを意識する度合いが強くなってくるように思えます。今は、ハヤテからの衝撃の告白で、多少混乱状態であるようですけど。


 ・西沢さん登場
 
 凄い。まさかこんなタイミングで西沢さんが登場するとは。しかも、やきいも屋さんを追いかけて、知らない場所=ヒナギクさんの家の前にたどり着いてしまうなんて、偶然を通り越して、なにかお笑いの神様が降りてきたとしか思えません。
 何も考えずに(失礼!)焼き芋を食べている西沢さんと、色々試行錯誤するヒナギクさんの姿は対照的で面白いです。そこでハヤテが家の中から登場。ヒナギクさんの考えは無駄となってしまいました。タイミングよすぎだハヤテ。


 逃げる西沢さんを追いかけて、家に泊まることを提案するヒナギクさん。なにか余計ややこしくなるだけだと思うのですが、ハヤテ、ヒナギクさん、西沢さんで夜を過ごすことに。どうなるのでしょうね?
 そういえば、ハヤテにはある種の「呪い」がかけられているのを、表紙を見るまで忘れていました。ハヤテ本人には、はた迷惑な「呪い」なのかもしれませんが、読者からしてみれば、なんともうらやましい「呪い」ですよね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!第80話「Running to horizon」

どうやらかねてから決まっていたサイン会は、来週申し込みが出来るみたいですね。前回は大阪なのでとても行けませんでしたが、今回は東京のはずです。なんとしてでも受かりたい!

2月なのに暑いのはおかしいですね。生徒会長さん?

サンデーでは「ハヤテのごとく!」、マガジンでは「さよなら絶望先生」が連載50回記念のカラーでした旧連載の「かってに改蔵」では200回記念カラーすらなかった久米田先生ですがマガジンでようやくまともな扱いを受けているようですそんな虐げられた久米田先生がかつて連...
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。