漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第37話「黒い炎」感想

 この漫画連載の影響かなんだかわからないが、近場のホビーショップからアルデバランのマイスがどんどん売れてきている…。黄金聖闘士の中でもデスマスクに続いて売れ残りが多かったのにね。かくゆう私もまだ買ってはいませんが、そろそろ在庫に余裕がなくなってきたから購入しておくべきか。
lost43.jpg

 腕を組んだ状態で輝火のコロナブラストの炎を砕くアルデバラン。だが、彼が何もしないで火球が割れたというわけではない。原理としては居合いと同じ(ちょっと違うけど)。つまり、腕を組んだ状態が納刀状態でそこから刀を抜刀するかのごとく拳を繰り出しているということだ。彼のあの腕を組んだままの戦闘スタイルは、刀を持った人が抜刀術を行うときと同じ状態なのだ。

lost44.jpg

 コロナブラストの炎と同じように、自分はおろか周りを焼き尽くし、何も残らない状態が輝火の生き様だとみなすアルデバラン。それは人に敵意を持ち、排除しようとする輝火の性質のためか。アルデバランは輝火の何かを感じ取ったのかもしれない。

lost45.jpg

 輝火にとって意味のあるものはハーデスだけ。そのハーデスに傷を付けた童虎は、彼にとっては許しがたい存在なのだろう。そこまでしてハーデスに意味を見出そうとする輝火をみていると、彼自身の存在意義を見出そうとしているように思える。今はわからないが、彼がそこまでハーデスに固執するのは何か理由があるのだろう。
 
lost46.jpg

 敵であろうが認めた相手には全力で答えるアルデバラン。もしかしたら彼から何かを導き出そうとしているのかもしれない。どちらにせよ熱い男だな~アルデバランて。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。