漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第203話 「成すべきこと」 ~次のステージへいきましょう~ 感想

lost903.jpg


 階段を転げ落ちて肉の塊となろうとしたパンドラ様を救ったのは、翼竜(ワイバーン)改め、生きる死者(リビングデッド)と化したラダマンティス。アローンと対峙する為、こちらもパンドラ様と同じく勇みよくで乗り込んできたわけですが…


lost904.jpg


 登場わずか数秒で瞬殺されてしまいました。


 元々心臓があった所にレグルスによって大きな穴を穿たれていて、動いているだけでも気持ち悪い驚愕な状態だったわけですが、そこからさらに右半身がばっさりと持っていかれて今度こそ致命傷となったわけです。悲鳴のひとつも上げないところが流石ですが、いいかげん絶命したと解釈しました。
 そして、アローンも作品たちを指して、「無限の愛をこめて描いた」と述べているわりには、あっさりと自分の作品を汚すことをしてくれています。相も変わらずの突っ込み所のある行為が素敵です。

 「流石に半身を失ってしまっては…」と思っていましたが…


lost905.jpg


 でもまだ動きます。

 なんという台所で出現する黒い物体のような生命力!ここまでくると「何故生きている?」と流石に訝しむわけですが、思い返してみたら「冥闘士に死の概念はない」んですよね。でもこれは、ハーデス自身が望んでいなければ冥闘士の不死は成立し得ないと思うわけですが果てさてどういったことなのか…




lost906.jpg


 ラダマンティス「理屈じゃない」


 今はそう思っておきましょう。


lost907.jpg


 届けこの一撃!ハーデス様の下へ!! 


 アローンの述べる救済と死を真っ向から否定したラダマンティスがとった最後の抵抗は、アテナの力を解放することによって、人の手に委ねられていた聖戦の行方を解き放つこと。アローンに反旗を翻したのは、自身が冥闘士としてありつづける為に、また、この時代に真の主であるハーデスの為に示せる最後の忠誠心からくるものだったのでしょう。

 そりゃあ、バレンタインをその手にかけるわけですな。でも、彼自身の心境を語ればバレンタインもついてきたような…。コミュニケーション不足です。


lost908.jpg


 ラダマンティスの今時代の聖戦は終わり、次の聖戦(ステージ)へ…。

 

 恐らく、この時代のラダマンティスが歴史上最強だったんじゃないかな!?かな!?




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。