漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のぬらりひょんの孫 感想 その八十九

nura455.jpg


 頼もしいですなぁ。 


nura459.jpg


 どうもお狐様には、二代目と出会ったときとそのときのやり取りの記憶が曖昧なようです。恐らく鬼道丸と同じように意図的に記憶を操作されている等の処置がされているのでしょうが、羽衣狐とぬらりひょん一族の因縁に裏で手を引いているのは山ン本五郎左衛門なんだろうなぁと。夜雀や《「魔王の小槌》が出てきた時点でほとんど確定とみなしていますが、その真意はいまだにわからん。
 三ツ目のように山ン本五郎左衛門が鏖地蔵に変装しているといったことが考えられるが、そのわりにはぬらりひょんの畏に簡単にひるんだり、尻尾を簡単に捕まれそうになったりと随分と三下くさいですよね。「魔王」と称されるわりには威厳がありません。


nura456.jpg


 平家にいた頃から所持しているという《二尾の鉄扇》でリクオたちをなぎ払おうとするお狐様。一瞬、学生かばんが変化したのかと思いきやそうではなかった…。今でもしっかりとお狐様の左手にしっかりと握られています。
 「二尾」と名が付いているのは、これを手にした時のお狐様が、二尾だったからとかそんな由縁なのかな?今までのようにシュルシュルと尻尾で襲い掛かるのではなく、武器を手にしたのはリクオの持つ《祢々切丸》対策に他ならないのでしょう。妖怪にとっては1斬りされただけでも致命傷になりかねないものですし、何よりもこの刀の怖さはお狐様が身をもって味わっているわけですからね。


nura457.jpg


 それにしても、女性キャラ+鉄扇というのは王道だが栄えるのぅ…!


nura458.jpg


 お狐様と刃を交えるリクオですが、彼女に刃を届かせるどころか鉄扇と尻尾によってことごとくなぎ倒されて些か分が悪いようです。このままではじりじりと追い詰められて窮地に立ってしまいそうですが、劣勢を挽回すべく黒田坊の提案に乗る事に…。

 黒田坊曰く、お狐様の持つ尻尾全てにぶつかっていくとのことですが、遊戯王であった《カタパルトタートル》とかに代表される味方を犠牲にして放つ自爆技を髣髴とさせられました。


 さ~てどういったものなんでしょうね?





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。