漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のぬらりひょんの孫 感想 その八十七

nura441.jpg 

 京妖怪千年の宿願が実ろうとしている歴史的な瞬間に立ち会っているわけですが、個人的にはお狐様の裸体が気になって仕方がありません。



nura442.jpg


 ついに形作られてしまった鵺こと安部清明。。淀君の腹の中にいたときは、まだかろうじて人として存在していたのでしょうが、こうして再びこの世に再び生まれ出ようとするその姿はもはや人にあらずとなっています。このようなでっかい赤ん坊の姿を見ると、劇場版の『AKIRA』とかそんなのを思い出させてくれます。いや~幼い頃に見たアレはなかなかグロテスクでトラウマになりそうでしたよ。


nura443.jpg


 学生かばんまでオプションだったとは思いもしなかったぞ…。


 ロープレのラスボスを彷彿とさせる羽衣狐様の崇高なる演説ですが、彼女の言葉の端端からは、かつては人と共存したままでいることに不満を感じていなかったように思えます。
 しかし、悠久の時を生きれば、人であろうが妖怪であろうが変わっていくものです。人とは違って永い時を生きる妖怪たちは、生きれば生きるほど人の醜悪な部分を数多く見る事となり、裏切りと絶望が積み重なっていき、いつしか自分たちの心も闇に染まってしまったわけです。人間のことをあまりいえないような気がしますが、羽衣狐から言わせれば、最初に自分たちの生存を脅かしてきたのは人間であるといったところなのでしょう。
 羽衣狐をはじめとする京妖怪が世の中を闇で染め上げようとするのも、彼らにとっての自衛手段の一つであると私は解釈しました。京妖怪と奴良組の戦いは、ぬらりひょんのように人と交わって共存していくのか、それとも羽衣狐たちのように妖怪は妖怪として存在するために自らの生存権を維持していくのかor広げていくのかといったことの意味を持っているということです。


 このように考えると両者に大義名分が立ち、またどちらが悪であるかといった判断も下せなくなるものですが…









nura444.jpg


 今はお狐様の裸体に目が奪われてしまっているわけです。


 ぶっちゃけ今はどっちがどっちでもいいや!


 京妖怪とは違った意味でテンションが上がってきますな!!


 
nura445.jpg


 突如現れた秋房君。もはや目立った出番は無いと踏んでいたのですが、何やら様子がおかしいです。魔槍に取り込まれつつあるのか、それともこの魔槍自体が何らかの鍵となるのか…。どちらにせよ意外な人物の登場には変わりはありません。






 ・オマケ

nura446.jpg


 『ベルセルク』の ベヘリットだーーーーーー!!!!








スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。