漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のぬらりひょんの孫 感想 その七十八

nura399.jpg

 毛倡妓も元々人間だったとかそんなところですか?

 だとすれば、ここからどうやって妖怪化したのかちょっと気になるところ。姿格好から判断すると彼女は遊女だったように見受けられる。



nura400.jpg


 生前に妖怪の手によって自分はおろか仲間までもがなぶり殺されてしまったという過去を持つ首無。その恨みの深さは魔道に堕ちてしまうほどですが、自身がその恨みを持つ妖怪と同じ存在になってしまったとはなんとも皮肉なものですな。以後彼は、相手が妖怪とあっては手当たり次第に狩っていく妖怪ハンターとなっていくわけで、そんな同属殺しを繰り返していけば、おのずとその名が知られていくようになっていくわけです。


 首無の狩りは奴良組のシマにまで及びました。


 そしてそれは…



nura401.jpg


 治安維持部隊(奴良組)の出動の契機となりました。


 二代目の顔が初お披露目。よくみると父親であるぬらりひょんにも母親である珱姫にもあまり似ていないように思えてしまうから不思議なものです。随分と優男っぽい印象を受けますが、現代までほとんどこの若さを保っていたのならば、そりゃリクオの母親もころっと騙されるってもんです。
 二代目が首無に使ったという「御業」という名の畏ですが、これが今リクオが身につけなくてはならない畏のことなのでしょう。



nura402.jpg


 首無と毛倡妓のコンビネーションによって茨木童子にダメージを負わせることに成功しましたが、しかしそれは致命傷には至らなかった。中途半端にダメージを与えたことによって、かえって茨木童子を本気にさせただけのようです。


 さらには…




nura403.jpg


 首無と毛倡妓のイチャイチャっぷりも茨木童子を本気にさせる契機となったように思えなくもない。


 え!?何で雰囲気よくなってるの!?


 戦っている最中にこんなの見せつけられたら、茨木童子じゃなくても嫉妬という名の本気出しちゃうよ!!






スポンサーサイト
コメント
爆笑ww
嫉妬という名の本気に大爆笑してしまいました!
まだ腹筋が痛いww
あいかわらず、どうしてこんなに面白い感想文が書けるのか、とても興味深いです!
これからも頑張ってください。
2010/04/13(火) 23:27 | URL | 綴喜 #-[ コメントの編集]
No title
>綴喜さん

 特に何も考えずに思うがまま書きなぐっておりますが、励ましありがとうございます!

2010/04/15(木) 22:45 | URL | 戒斗 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NARUTO 第490話「九尾の真実!!」等ジャンプ19号感想 ONEPIECEは休み

[ナルト] 対峙するカブトとマダラ もう少し腹の探り合いという心理戦が楽しめるかとも期待してましたがカブトが新たに口寄せ その棺の中身に...

ぬらりひょんの孫 第百二幕 二人の過去

 首無と毛倡妓のカップリングは決定か。そういう関係が最初から匂っていた気があまりしない。糸に髪の毛が使われていたことをクローズアップして、髪の毛を預ける相手だったと考えれば多少は説得力があるかな。  それはまぁいいんだが、けっきょく人間時代の二人の関係...
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。