漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナリティだけでここまできました 『めだかボックス』 レビューその35

medaka182.jpg



 めだかは一度自分の発言を読み返したほうが良いかと存じます。



medaka183.jpg


 「外靴での戦闘を前提とした格闘技なんて他にはないからね!」


 →自信満々なところ申し訳ありませんが、他にもその条件を満たす格闘技に心当たりがありすぎる件について。



 宗像が取り出す拳銃を次々と弾き飛ばす善吉。クラヴ・マガやシステマなどの軍隊格闘技やら、軍隊式シラッドなど、「外靴での戦闘を前提とした格闘技」は色々とあるものですが、恐らくサバットは<防御主体の格闘技>といった特性を持っているので、これが善吉のスタイルに合っていたとかそんな話なんだろうな。
 因みに、ロシアの軍隊格闘技といわれれば、多くの人がコマンド・サンボを思いつくかもしれませんが、これとは別に上で挙げた<クラヴ・マガ>(間違えた!)<システマ>という軍隊格闘技があります。非常に合気道にも通じるものがあるので、機会があれば日本でちょくちょく行われているセミナーに参加してみたいなと思っています。あれは興味深い。
 しかし、宗像も2丁拳銃が駄目ならばサブマシンガンでも取り出してフルオートでぶっ放せば良いのに、何故か「じゃあ多丁(これ)」といって拳銃をご丁寧に取り出してますよね。こんなに取り出しても撃てるわけないと思うのですが、どうやら脊髄反射的に獲物を取り出しているようにしか思えない。つまりは何にも考えてないということ。真の反射持ちは宗像だったのだよ!



medaka184.jpg


 先週の「ようやく君の殺害方法はわかった」といいながらも、全く持ってその言葉が反映されていない宗像。某首相のようにブレてるとかそんなレベルじゃない。読者を誑かすのも大概にしろと感じてしまうものですが、この作品の性質を考えればそれは無駄な徒労に終わってしまうので、そんな気持ちは端っこにおいておきましょう。
 目の前に手榴弾を投げつけますが、これも善吉が弾き飛ばしてくれるという計算のうち。その間に手にしたのはロケットランチャー。正直、人一人を葬るには大げさな獲物ですが、恐らく彼にとって善吉を殺れればいいのでこの際手段は何でも良いということなのでしょう。
 しかし、いちいち効率の悪い殺害プランだ。そんな宗像には、タマちく先生の『殺し屋さん』に出てくる殺し屋さんに殺害方法を伝授してもらうべきだったといまさらながらに思います。真黒よりも彼のほうが適任かと思います。


medaka185.jpg
 

 「必殺」とか述べられても「ああそう。だから何?」と白けてしまったのは内緒です。

 ランチャーでの殺害にも失敗した宗像。つまらない御託をつらつらと述べる間に、さっさと狙いを済ませて撃てば良いものですが、そこはお約束的なものなので致し方なしかと思います。『天上天下』で己の手を槍に見立てて穿っていた彼の人物と一瞬イメージが被ったのは横においておいて、暗殺術の類と思われる手法で善吉に襲い掛かる宗像。もはやここまでくると何がなんだかわかりません。


medaka186.jpg


 「必ず殺す」と書いて読む必殺を繰り出した宗像ですが、善吉のソバットをこめかみに受けて撃沈。

 宗像は「殺人者」であるというわりには、手段の効率の悪さ、武器もろくに使えないし、その術もない。「殺したがり」というパーソナリティーだけでここまでこれたのは、恐らく彼がそれらのことを含めての異常(アブノーマル)だということでしょうかね。でないと、この宗像というキャラが全く説明できない。殺害するための手段を通り越して、いきなり「殺害」という結果だけが得られるからこそ、彼は異常(アブノーマル)なんだろうなと。そして、真黒がプロデュースしたのは、その「殺害する」までの過程を明確化or手段の幅を広めたに過ぎないのかなと。


 ま、全部こじつけ理論ですけどね~♪ 


 これは考えるだけ無駄だよ。きちんとした筋道立てていない作品に関しては特にね。



medaka187.jpg


 宗像を倒したと思ったところに一閃。気を緩めたところに背中からぶすっと刺されてしまった善吉ですが…。



スポンサーサイト
コメント
うP主はこのマンガが大嫌いなんだな。
なんどかレビューを見ているが否定的な
ことしか書かない。
レビューなんて書かなければいいのに。
それともアンチキャンペーンなのか?
2010/01/25(月) 00:09 | URL | #-[ コメントの編集]
たとえ否定的であってもレビューをしているということは
その作品に期待しているということなんですよ。
逆にレビューをしなくなったら本格的に興味が
無い、大嫌いだということになります。
レビューするにも色んな視点があった方が作品
の深みも分かってきますしね♪

えっと、実はまだ本誌読んでないのですがとりあえず
めだかちゃんと同じ気持ちで
「善吉いいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!」><
2010/01/25(月) 01:10 | URL | K #-[ コメントの編集]
 こんにちは
 西尾維新の著作は設定に設定以上の意味がない(「人殺し」と言ったら「人殺し」、「天才」と言ったら「天才」みたいな)ので仕方ないと言うか。
 小説だとその現実味のなさや虚構っぽさが上手く作用しているように見えるのですが、漫画にされると「えー」みたいな印象になりますね。
2010/01/25(月) 04:46 | URL | 小池 #-[ コメントの編集]
別に否定的ではないと思いますよ
ツッコミを入れるべきところにツッコんでいるってだけで
俺はこの漫画を「ツッコミ待ち漫画」と思って読んでますからこのレビュー形式でええんじゃないでしょうか
2010/01/25(月) 12:44 | URL | eal #ifLEmjRQ[ コメントの編集]
>名無しさん

 別に面白いとか面白くない以前に突っ込みどころがあるから書いているだけですよ。

 それと、ここは掲示板じゃないので「うP主」とか止めてくださいね。さらにいえば、何処でもそうですが、管理人がいるブログなどで、タメ口でコメント残さないほうがいいですよ~。



 はっきりいって無礼にもほどがある。




>Kさん


>その作品に期待しているということなんですよ

 確かにいろんな意味での期待をしています。

>逆にレビューをしなくなったら本格的に興味が
無い、大嫌いだということになります


 私がこのブログで取り上げなく無くなったら、基本的に「嫌い」というより、むしろ、「興味がない」ということです。例外的に、諸々の事情で「感想が書けない」といった場合もありますが…。



>レビューするにも色んな視点があった方が作品
の深みも分かってきますしね


 この点には同意ですし、私もいろいろなブロガーさんの感想をよく読んでいます。中にはやはり自分では気がつかなかった点を指摘している方が多く見られるので、非常に参考になっています。




>小池さん


>西尾維新の著作は設定に設定以上の意味がない


 あ~…なるほど…。


>小説だとその現実味のなさや虚構っぽさが上手く作用しているように見えるのですが、漫画にされると「えー」みたいな印象になりますね

 文章だけならば、頭の中でイメージを描くしかないわけですが、漫画などの絵では固定的なイメージが植えつけられますからねぇ…。
 西尾先生は、漫画の原作などには向いていないのでしょうし、ラノベなどのストーリー構築よりかは、むしろ、脚本とか演出チックなプロデュースのほうが向いているような気がしますねぇ…。
 また、先生のアイディアの穴を埋める、もしくは補填する人がいれば大分変わってくると思いますよ。


 本来それは編集部の人がやるべきことなんですけどねw



>ealさん


 実は、否定的な部分も入っていますw

 ですが、否定的な部分というのは、ハヤテだろうが、ロスキャンだろうが、自分の観点から見て「これはどうなの?」といった点で述べてます。それは、自分なりの根拠があってのことなのであしからずです。


>俺はこの漫画を「ツッコミ待ち漫画」と思って読んでます

 私も「ツッコミ待ち漫画」として読んでいます。作中の誰かが突っ込んでいたら書いていません。そういった意味合いでは、ロスキャンもある意味「ツッコミ待ち漫画」ですかねぇ…。


2010/01/26(火) 00:44 | URL | 戒斗 #-[ コメントの編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/26(火) 16:18 | | #[ コメントの編集]
「才能のある人間が出した結果と同じく挫折し努力した人間の結果も認められるべきだ」
みたいな事言ってるけど、せめて何でそうじゃないんだろうねっていわないかな。
そのままの意味としてとるべきなんだろうけど、暗に及ばないと言ってるようなもんですよ
つーかこの台詞どっかで聞いたって。 なんかそこに冷めたよ
2010/02/05(金) 00:41 | URL | aki #OARS9n6I[ コメントの編集]
私はこの作品を何となく知っているといった程度ですので、作品への愛着など有りませんし、あなたの言う「内容へのツッコミ」に対して反論をするつもりなども御座いません。
ですが、「レビューを読んでいる人の胸が悪くなるような書き方しかできないのなら、レビューなんてするな」、と思います。
2010/02/07(日) 15:00 | URL | #-[ コメントの編集]
>akiさん

>暗に及ばないと言ってるようなもんですよ

 事実といえば事実なのですが、「akiさんのご指摘の通りかな」と今にしては思います…。


>名無しさん


>「レビューを読んでいる人の胸が悪くなるような書き方しかできないのなら、レビューなんてするな」、と思います


 それこそレビューの受け止め方は千差万別。ある程度の配慮は必要だと考えていますが、すべての人の基準を満たすことなどできはしません。
 あなたがこの記事を読んで気分を害したのであれば、残念ながら私はその気分を取り除くことはできませんが、変わりにその記事orブログを二度と読まなければ良いという話になります。ブロガーに記事を書く書かないといった自由があるように、回覧者にも記事を読む読まないの自由があります。
 それと、私は、自分の書いた記事に関して「続きを読む」といった回覧者が「読む」or「読まない」といった選択ができるようにしてありますが、自ら記事を読むことを選択しておきながら、「気分が悪くなった」とわざわざコメントで主張を残すことに関して、いったいどのようにお考えなのでしょうか?
 まさかすべての責任の所在をブロガーに求めているわけではありませんよね?だとすれば責任転嫁もはなはだしいお話ですよ?? 

 それと、ネットの中とはいえ、この手の類の反論をするのであれば、名を名乗ってください。あなたが社会人なのか学生なのか私にはわかりませんが、自分の述べた発言に対して責任を持つor責任の所在を明らかにするのは当然のことです。
 

2010/02/07(日) 20:41 | URL | 戒斗 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。