漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木坂春香の秘密⑤ 感想

 本の中ではクリスマス真っ只中だが、現実では二月。しかも立春過ぎ。じゃあ今何故これを取り上げたかと言うと、本の山の中から発掘したから。しかも二冊ある。何でだろ。相変わらず主人公・綾瀬裕人のものの例え方がわかりにくいなあと思いつつも黙々と読み続ける。
 裕人へのクリスマスプレゼントを買うためにバイトをする春香の姿がいじらしい。もちろん春香にとっては初バイト。でもなぜかバイト先がメイド喫茶。お嬢様に似つかわしくないと思うかもしれないが、春香というキャラを考えればまあ当然というからしいというか。普段から天然&ドジっ娘である春香にメイド属性が付属された瞬間、天然&ドジっ娘メイドの誕生。さあ存分に萌えるがいい。
 ところでこれに出てくるメイド喫茶・@ほぉ~むカフェは実在していたり。この話を書くときに五十嵐先生も取材に行ったとか。メイド喫茶にいったことない私でも、話を読んでいて雰囲気は十分に伝わってきた。よっぽど五十嵐先生自身も楽しかったのでしょうか。
 そんな春香の思惑を知って裕人もバイトをすることに。だがなぜか臨時執事。「ハヤテのごとく!」を読んでいるためか、執事と言う単語に敏感になっている自分に気がついた。でも作中のある部分で、ハヤテのごとくと言う表現が使われているあたり、五十嵐先生は狙ってやったとしか思えない。そんな臨時執事として働き始めた裕人の仕える主人は新キャラの四天王寺冬華。わがまま&ツンデレお嬢様。わがままお嬢様の無理難題な命令にしたがってしまうのは、単にお金が欲しいだけではなく、裕人がいままで培ってきた従属属性のスキルを持っているためだろう。最終的に、冬華の信頼とほんの少しの好意を得ることになるわけだが、肝心のお給料が手に入らず、純粋な肉体労働にシフト。クリスマス当日まで肉体労働の生き地獄。
 春香へのクリスマスプレゼントを買いに行くときに、椎菜を誘う裕人を見たとき、「自分に少なからずとも好意を持っている女の子に、他の女の子のプレゼントを買うのにつき合わせるなよ」と言いたくなるのはグッとこらえましょう。でも、ちゃっかり買い物に付き合わせたお礼と称して、椎菜にもプレゼントをしている裕人はジゴロの才能はありと見た。いや随分前から気がついていたけれどね。
 結局クリスマスを二人で過ごしても目立った進展は特になし。今までと同じ繰り返しのパターンで終わるが、心境の変化はそれなりにある。主に春香だけれども。
 次の巻はお正月の話になるのかな。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。