漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のぬらりひょんの孫 感想 その伍拾弐

nura247.jpg

 今度は羽衣狐様の幼女姿…だと…!!


 …って幼女には全く興味ないのでただノリで言ってみただけ。



nura248.jpg

 うろ覚えだった記憶がハッキリしたという事か。 


 ぬらりひょんのじいさんとガチンコ勝負したときに、リクオは父親と羽衣狐の事について何か知っているような発言をしていましたが、まさか父親が殺された場に居合わせていたとはね。
 しかし、そのわりには、今週の冒頭でリクオがそんな大事な事をまるでたった今思い出したような描写がなされているようなことに引っかかりというか、ある種の違和感を覚えた。
 もちろん、これは幼少の事に耳にしていた幾つかの事が、再度「羽衣狐」というキーワードを聞くことによって、それがはっきりとした記憶として蘇ったという捕らえ方が通常であろうが、ちょっと読者的にはどっちとも捉えることのできる描写かな~と。コミックスで一括で読んでいればこんな事は起らないだろうが、週間で読んでいると何処でどんな描写があったのか忘れてしまうので。誤解しやすいかなと。


 しかし、羽衣狐と出会っていてよく無事だったもんだ。リクオの父親が殺されたときに「よくやった。これで宿願は復活だ」と述べる第三者の発言がありましたが、これはやはり山本五郎左衛門なのかな?かな?結局の所全ては、この魔王様の手の平で行われている謀なのかな??もしそうだとしたら彼にとっては、羽衣狐も駒の1つに過ぎないということか…。



nura249.jpg


 体得した「畏」を遺憾なく発揮するリクオですが、かつてのぬらりひょんも同じようだったと語る赤河童。実は彼も遠野の総大将でなければ連れて行って欲しかったそーな。なるほど、この「畏」を持つぬらりひょんの一族には他のものを引き付ける不思議な魅力があるようです。
 「なんで?」、「どうして?」という疑問を抱かせることや、驚愕させることは、他者を引き付けるには1番効果がある心理描写です。簡単に言えば相手に興味を持ってもらえるということか。そんな相手の心理に疑問や驚愕を刻み付ける能力を持つぬらりひょんが、他の妖怪を惹きつけるのは当然といえば当然ですねぇ。



nura250.jpg

 遠野の畏を断ち切って里の外に出たリクオ。鎌鼬のイタク、沼河童の雨造、あまのじゃくの淡島、経立の土彦、雪女の冷麗、座敷童子の紫を新たな百鬼夜行のメンバーとして引き連れての凱旋(おまけで多樹丸)となりますが、あくまで同士ということなので本家にいるリクオの側近と何かしら一悶着ありそうな予感です。

 特に雪女というカテゴリーが被っているつららと冷麗に!!





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぬらりひょんの孫 第七十六幕 遠野をたつ!!

 なんと既にリクオと羽衣狐が相まみえていたとは。  目の前で親父を殺されたにも関わらず、ワンピース幼女の姿にホの字にレの字にタの字でございますか――ッ!?あまりに美しい印象にそんなことを妄想してみる。「助けにいかなければいけない凄く美人の友人」がこっちだ...
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。