漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のぬらりひょんの孫 感想 その六十四

nura318.jpg


 落ちる~落ちる~俺たち~~♪


 そんな爆風スランプの「Runner」に合わせてお送りしています。



続きを読む
スポンサーサイト

ハヤテ253話 なんともいえない気分

hayate1007.jpg


→はい

 いいえ




 散々やってきたネタだけど、選択肢が浮かんだら間違いなく出てくると思うんだ!


 そして、必ず最初に「いいえ」を選択してしまうんだ!!


 『ラブプラス』でも、「これでもかっ!」っていうぐらい断りを入れて、あのゲームのシステムというか、プレイをする意義を問われるぐらい告白イベントを棒に振ってきた野郎なので間違いない。因みに今でも彼女はDSの中で眠り続けています。恐らくもう起動することはない…。


続きを読む

今までの中で一番強烈な違和感発生『めだかボックス』 レビューその32

medaka171.jpg
medaka172.jpg



 ・・・え?



 何だこれは…どういう理屈なんだ??


 いや、理屈どころか屁理屈にもなっていないような気がしてならない…。

続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS ユズリハ外伝 感想

lost732.jpg



 それが在るべき未来と信じていたな…


 →勝手にそう思い込んでいただけです。




 『プリンセスゴールド』という女性誌で何故か掲載されたユズリハ外伝。チャンピオンと同じ出版社である秋田書店が出版元で、ロスキャンの女性読者を『プリンセスゴールド』に引き込みたいといった思惑は理解できるが、少年誌で連載されているのにそれはないんじゃないかと思ったものです。せめて月刊とかヤング系だろこれは…。なかなか不思議なことをやってくれます。
 現在本編では、他の聖闘士とともに石にされて、沈み行く舟と運命を共にしてしまいそうな彼女ですが、これは聖戦が本格的に始まる前のお話。各地で復活した冥闘士を討伐する為、各地に派遣される聖闘士。舞台は、自身の故郷でもあり、ユズリハたちがいるジャミールへと派遣されたときのものです。



続きを読む

『ガンパレード・マーチ 逆襲の刻』感想

gp01.jpg



 九州撤退戦→山口防衛戦→九州奪還戦と続いて今度は、東京動乱編の榊ガンパレ。九州奪還戦のラストがアレだったもんで、「あ、俺の中でガンパレは終わった…」と感じたものですが、ついつい最新巻が出てしまったら手を出してしまう&読み続けてしまうのは、榊先生のガンパレが好きだからなんだろうな~。

続きを読む

今週のぬらりひょんの孫 感想 その六十三

nura312.jpg



 リクオは仲間になってほしそうにこちらを見ている…。


nura313.jpg


 仲間になりますか?


 → はい

   いいえ





続きを読む

もはや何を言っているのかわからない 『めだかボックス』 レビューその31

medaka166.jpg


 >無い方がいいのは女の胸くらいなもんだぜ!!


 否!断じて否!!



続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第17巻の見所

lost731.jpg


 今回も突っ込みどころ満載なロスキャン最新17巻。


 そんな17巻の見所は…


続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第161話 「メフィストフェレス」 ~ホントそっくりだ~ 感想

lost724.jpg

 え?蒔いたのは(テンマという)種だろ??


 あ!あすみません!!謝りますから物を投げないで!!!冷めた目でこっち見ないで!!!!



続きを読む

ハヤテ252話 これは驚いた…。

hayate1003.jpg


 この意味深なセリフ…。もしかしてナギは薄々気がついているのか?


 全ては勘違いから始まっているということに…。



続きを読む

いけね…

mio.jpg


 レビューしようと思っていたのにすっかり忘れてたよ!


 そのうちね…。




『めだかボックス』2巻レビュー

medaka165.jpg


 内容の割には過大評価されすぎ。


 というのが個人的な『めだかボックス』への評価。「じゃあ何で感想書いているんだよ!」と聞かれれば、そんなの自己満足を満たすためのことだし、突っ込みどころが満載だから。ここまで目に付く矛盾のオンパレード&違和感を覚える描写とロジックは世にも珍しい。「編集者は、果たしてネーム段階できちんと目を通しているのか」という疑念を抱かずにはいられない程の出来栄え。正直に申しまして、「自分が使える(知識の)引き出しは、これぐらいのものでしかありません」と自分で露呈しているようなものです。
 ただ、それでも見所はあるとは思うので、そこを割り切って楽しめるのであれば読み続けられるかなと。それが何処かは言わない。自分なりに見つけてくれ。
 どちらにせよ、引き返すのならば今のうち。この巻以降、異能バトルが開催されて、以後その流れに沿った展開になり、余計に矛盾(浅はかさ)が目立つので…。



 2巻では、水泳バトル以降生徒会メンバーが追加されます。それは、表紙でも写っている喜界島もがな。



続きを読む

今週のぬらりひょんの孫 感想 その六十二

nura307.jpg


 自分で名前を名乗ることを推奨しておきながらこの問いかけは無い。


 リクオも「は?」とあっけにとられているような表情をするのはそりゃ当然です。

続きを読む

コミックス買っちまった… 『めだかボックス』 レビューその30

medaka161.jpg

 USBメモリに収まってしまう研究成果って…。

 こやつの今までの研究成果もちっぽけなものなんだろうなぁ…。


続きを読む

ドラマCD化だ!アニメ化だ!!『ぬらりひょんの孫』 第8巻レビュー

nura301.jpg


 ドラマCD、TVアニメ化と勢いを増すぬら孫。今回は、ぬらりひょんの過去編が収録された『ぬらりひょんの孫』8巻が発売となりました。ぬらりひょんの人気を押し上げたのは、間違いなくこの過去編があったからこそ。彼の任侠物語をもっと読んでみたいものですが、そもそもこれは、「赤丸ジャンプで読みきりで載せた後、趣味で書いた漫画が元になっている」と作者である椎橋先生が述べているように、本来ならば日の目が当てられるといったことがないはずだった物語。しかし、こうして私を始め数多くの人の目に触れることなったのは正に幸運といっていいのかもしれませんね。そして、ここでは語られなかった物語が小説で読めるということは喜ばしいことです。


 さて、そんなぬら孫8巻ですが、コミックス版になると幾つか修正される箇所が出てきます。この巻も例外ではありません。


 それは…



続きを読む

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 第160話 「あるべき姿」 ~あまり変わってないよこいつ~ 感想

lost717.jpg


 真・双子座(ジェミニ)の聖闘士降臨!


続きを読む

ハヤテ251話 次の話がターニングポイントか

hayate997.jpg

 海外旅行の最終日に人がよく陥る心境です。


 夢見心地良すぎて、日本で過ごすより旅行で訪れた国のほうがよく思えてしまうものですが、まさに「隣の芝生は青く見える」といったことです。流石、西沢さん。感性が普通です。決して悪い意味ではありません。『ハヤテのごとく!』の登場人物においては、我々一般人と同じ感性を持っているということです。

 旅行最終日の夜ということでちょっとセンチになっている西沢さん。そんな彼女ですが、美希の招待状を頼りにとあるホテルへと赴くことに。そこでは、美希の宣言通り派手に最後を飾ろうということで、ホテルを貸切っての豪華なパーティーが開かれることとなりました。流石、金持ちのお嬢様たち。打ち上げも派手です。だが、その資産は自分たちのものではない。

 招待状では、水着持参ということで各々水着に着替えての参加となっているので、勿論、それなりに読者の期待が膨らむわけですが…


続きを読む

今週のぬらりひょんの孫 感想 その六十一

nura296.jpg


 白蔵主は力をためている…!


 そんな文がぴったりだと思ったんだ。


続きを読む
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。