漫画等の感想、あとは日々思ったことについての考察などがメインです(多分)。リンクやトラックバックはフリーです。(注)コメント欄を掲示板に使うのはおやめください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To LOVEる(アニメ編) 第13話 「宇宙一の男」レビュー

snapshot20080629193702.jpg

 う~む。なんといいましょうか…。ララが父親にリトに対する想いを告げる重要なシーンなのですが、いまいち盛り上がりに欠けたような気がします…。


 それは何でかな~と考えたのですが、まず第一に「アニメでのリトがララにいったい何をしてあげたのだろうか」ということが上げられました。確かにリトの頼りがいのあるシーンはちらほらありますけど、それは全てララに向けられたものではないですよね。


 次に、リトに「頼りがいがある」とか、「カッコイイ」と感じるララの感性と自分の感性が一致しないorララとの感覚のズレを非常に感じるときがあります。これを埋める作業、つまり彼女が何故そこでそう感じたのかを推し量ることをしなくてはならないのですが、そのための判断材料が酷く少ない。足りないところは原作から補完する事も可能ですが、「原作を知らない人がこれ(アニメ)だけを見ていてはたして解るのか?」という疑問にぶつかります。極端に言えば、「このアニメは原作を知っていることが前提で作られている」ともいえるでしょう。


 今回も、あまりララが心の内(本音等)を語ったことがないのに、いきなり父親に向って言葉を投げかけても親父さんじゃなくても「?」となってしまいます。重要なシーンに行くまでのステップが幾つか省略されてるので、いまいち感情移入がしずらいですし、流れが理解しにくいんですよね。


 原作派とかアニメ派とかの問題ではなく、一つの作品としてこういったのはいかがなものでしょうかというのが今回の私の本音。なんか見ているとララの一人相撲をみているような感じを覚えました。


スポンサーサイト

To LOVEる(アニメ編) 第12話 「戦慄!体育祭」レビュー

snapshot20080620215546.jpg

 もうこの一言に尽きます。序盤でもう見る気なくなった。唯が出ててもな~んも感じなくなった。劇中のキャラのテンションと自分のテンションが全く噛合わなかった。

 少なくとも自分の中では激つまらなかった。というかくだらなかった。もう今回の話を見ることはないでしょう。

 さ~て明日の稽古に備えて寝よ…。

To LOVEる(アニメ編) 第10話 「宇宙の女芸人」レビュー

snapshot20080606223802.jpg

 うっわ~…。もうやっつけ仕事もいいところ。あいかわらずオリジナル話はセンスないな~。

 見所はキョーコが登場したことぐらいかな?


To LOVEる(アニメ編) 第9話 「光星より愛を込めて」レビュー

snapshot20080530201644.jpg

 ララ「やっぱりどこか悪いんじゃないの??」

 ええ、悪いですね…女の子への手癖が!!

 それはもう末期症状。どんな処方せんも通じません。

 全てにおいて手遅れです。

 

続きを読む

To LOVEる(アニメ編) 第8話 「清廉純白風紀委員」レビュー

snapshot20080524232736.jpg

清廉…心が清くて私欲のないこと

純白…穢れがなく清らかなこと


…ああなんだろう!このとても汚したくなるような単語の羅列は…!!


 唯が初登場ということで、予約しておいたとらぶるをパソコンの前で正座して視聴していたのは当然です

 彼女で二人目ですね。この我を正座させた女の子は…!!一人目はヒナギクその人なのは言わずともがなです

 


 ところでスカートが翻っておぱんつが見えそうなのですがご自分のことはスルーなのでしょうか??


続きを読む

To LOVEる(アニメ編) 第7話 「男とはかくあるべし!」レビュー

snapshot20080518052220.jpg

 こんなことを危惧している辺りにリトは誰を一番気に掛けているかよくわかりますな。


続きを読む

To LOVEる(アニメ編) 第6話 「宇宙人の刺客」レビュー

snapshot20080510214253.jpg

 「私、カエルよりリトのことをもっとよく知りたい。だ・か・ら… リトを解剖したーい! 」

 愛だね愛。それも猟奇的な愛ですね!愛しているゆえの奇行…。これを聞くと明治時代にあったとある事件の文献を思い出します。それは「阿部定事件」。興味がある人は調べてみてください。あれを純愛だと言い張る奴が後輩でいるんだもんな~。


続きを読む

To LOVEる(アニメ編) 第5話 「くいーんの挑戦状」レビュー

snapshot20080504093425.jpg


Technology ef(?)

Over

Level

Operasion for

Very heavy command to

Electronic control wait

…る!?・る・る・   「るん?」


 こんな感じ??画質が悪いから読めないところがある…。さすがにOSでも一文字だけひらがなだと困るようです。ルンの名前と一致したのは偶然だろうか。




続きを読む

To LOVEる(アニメ編) 第4話 「宇宙のLOVEエプロン」レビュー

snapshot20080425215536.jpg

 なんというかすっかり地球での暮らしに馴染んでいます。しょみ~んです。デビルーク星での食卓が云々といっていましたが、ララに関しては食事に何が盛られていようが全然平気なような気がします。激辛食べてもケロッとしていましたし。

続きを読む

To LOVEる(アニメ編) 第3話 「三角関係」レビュー

snapshot20080420000942.jpg
 
 三角関係と聞くとマクロスシリーズがまず真っ先に思いつくのですが、昨今三角関係が刑された場合、ヒロインの女の子がヤンデレ化してしまうという風潮がありますよね。つまり私が何が言いたいかというと…

個人的に春菜のヤンデレ化をとても見たいということです

原作じゃ恐らく見れないでしょうからアニメに一抹の期待をかけたいと思います。


こんなこというと某春菜スキーの方々からバッシング受けそうですよね!でも止めない。それが俺のジャスティス!!


続きを読む
プロフィール

戒斗

Author:戒斗
 オタクでも、武道や学問、スポーツが好きでもいいんじゃな~い。と考えてるとある商社の営業マン。今でもひっそりと合気道に打ち込む日々であります。

 画像は愛刀・へっぽこ丸

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF

無料カウンター 『神曲奏界ポリフォニカ』応援中! ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。